So-net無料ブログ作成

ジョ~ク! [日記]

会社の目の前は、バス停です。

バスを待っていた初老のご婦人が、何を思ったのか振り向いて、会社のドアを開けて

入ってきました。

申し訳なさそうに「あの~~、すみません!私は○○と言いますが・・・

バスに乗ろうと思ったら、お財布を忘れちゃって・・・バス代を貸して戴けませんか?」

 

こんな時、私は『貸したお金は帰ってこないもの』として、必要最小限のお金を

貸してあげることにしています。

何故なら、本当に困っているのかも知れないのですが、寸借詐欺かもしれませんので。

外見上は何でもなく見えても初老のご婦人、認知症を患っているかも知れないし・・・

「幾ら、要るんですか?」

「田浦まで行きますから、片道分220円で、いいんですけど・・・」

と、いうことで220円キッカリ貸しました。

「後でお返しに来ますから・・・」

「ああ、いつでもいいですよ」

 

それから4時間ぐらい経ったでしょうか?

先ほどのご婦人がやってきました。

「先ほどは有り難うございました。助かりました」小さな紙袋を手渡して、帰っていきました。

見送って・・・袋の中を見てみると100円硬貨が3枚入っていました。

『あれっ?!・・・これは多いよ!』

すぐに外へ出てみましたが、もう見あたりません。

80円は、きっとお礼のつもりだったのでしょう。

 

きっと、きちんとしたご婦人だったのだと思います。

借りたお金は『剥き出し』ではなく、小袋に入れて返す・・・奥ゆかしさが伝わります。

 

たったの4時間で3割以上の利息を得る、高利貸しを開業しちゃいました。 

『もっと、沢山貸しておけば良かったかな?』 

・・・・・エヘッ!オジンのブラックジョークです。

 

 

海沿いに走る湘南道路で、車間距離を十分にとって運転しながら撮りました。

左のこんもりは「江ノ島」、中央の「小動鼻」(こゆるぎはな)の向こうに「富士山」が綺麗でした。


nice!(11)  コメント(18) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 11

コメント 18

ラムねーさん

あら、いいお話ですね。

たかが220円、向こうだって返ってくるとは思ってないよね・・・そんな会話が聞こえてきてもおかしくないのに。
素敵なご婦人です。
私もそうありたいと思いました。
by ラムねーさん (2008-01-24 19:26) 

myumyu

人事とは思えません、財布を忘れてお出かけ、気をつけなければ、
お金を借りるのはとても勇気がいると思いますよね、でも良かったその方もバスに乗れて。
by myumyu (2008-01-24 20:16) 

良い話だな~
かつては 当たり前だったこと・・ 本当は今でも大切なことです

でも 頭下げると どうなるかわからない世の中では・・こんな良い話も珍しいことになりつつあります

むかし居酒屋で働いていた時に 出勤すると 入り口のガラスが割れていました・・・ どんな下らないイタズラ?悪意? 嫌な気持ちで仕事を始め開店した後 手に包帯を巻いたお爺さんが 来店され 不注意で転倒され ガラスヲ割ってしまった非礼を詫びられた後 いたく恐縮されていた姿を思い出しました そのすがすがしさに恐縮し感激してことを思い出しました^^

自分も人間ですから 誰かの世話になったり 過ちをしたり そんな時は その都度 始末できる甲斐性と気概を持っていきたいと思いました^^
by (2008-01-24 21:57) 

しゃくとりむし

私、寸借詐欺の現場に居合せた事があります。
タクシー代といって5000円を当時の上司からとって行きました。
後日ニュースで犯人逮捕が報じられたそうです。

アキラさんの
>『貸したお金は帰ってこないもの』として、必要最小限のお金を
>貸してあげることにしています。
というお話勉強になりました。
by しゃくとりむし (2008-01-24 21:58) 

toyo

温かくていい話です。
そのご婦人もアキラ さんの対応もどっちも素敵です。
ほのぼのとした気分にさせてもらいました。
ありがとうございます。
by toyo (2008-01-24 22:29) 

浜松自宅カフェ

良い話ですね。僕も同じ対応をとるつもりでいましたけど、
お婆さんじゃなかったら、どうしたかな~?
例え220円と言えども、なかなか借りれるものじゃないですよ。
返す自信があったからだと思いますが、勇気あるお婆さんにnice!
by 浜松自宅カフェ (2008-01-24 23:21) 

たいせい

 私の住む高浜でも、最近その手の寸借詐欺が出てくるようになりました。
 多くの方は、アキラさんが対応されたご婦人のような方たちだとは思うのですが、一握りの善意を利用して私利を得ようとする方たちのおかげで、妙な雰囲気になってしまいます。

 「騙すよりは、騙される方」「疑うよりは、信じる方」でありたいものですが...。
by たいせい (2008-01-25 09:17) 

choro

アキラさん
先日は 温かな言葉をかけてくださって
本当にありがとうございました。
今回は残念な結果に終わりましたが、
またがんばります。(´ー`)

ホント、いいお話ですね。
最近嫌なニュースも多いので、心からホッとしました。
そして前記事に登場のお孫さん
お人形さんみたいにかわいいですね♪ヽ(≧▽≦)ノ
これからのご成長楽しみですね。
ちなみに私、祖父のこと大好きでしたよ。ふふふ。
by choro (2008-01-25 11:06) 

アキラ

ラムねーさん

是非とも、この奥さん以上に、気が回る人であって欲しいと思いますが、
この話、解る人は大丈夫な人なんですよ。
by アキラ (2008-01-25 14:30) 

アキラ

myumyuさん

比較的近くの人だったのかも知れません。
きっと、急いでいて家に取りに帰る時間がなかったのかも?・・・と思っています。
by アキラ (2008-01-25 14:31) 

アキラ

dennさん

もう大分前になりますが、中年の男性に、たしか500円を貸したことがあります。
暫くすると、「このケチやろー!もっと貸せー!」とその人が怒鳴り込んできました。
どうやら、アル中+酒乱だったようで、貸したお金で自動販売機へ直行したようでした。
こんな人は、あらん限りの知恵を絞って、嘘を並べてでも借りようとするものですから、それ以後は、「必要最低限」のお金しか貸しません。
本当に困っているのか、の見極めは難しいですね。
by アキラ (2008-01-25 14:37) 

アキラ

しゃくとりむしさん

貸した方は何時までも覚えていて、借りた方は忘れがち・・・嫌な人には貸すことはありませんが、特に友達関係などで、ギクシャクしたくないですから、「あげたもの」として貸すことにしています。
by アキラ (2008-01-25 14:40) 

アキラ

toyo さん

こんな事でほのぼのとした気分になれるのでしたら、いつでもOKです。
最近の人は、他人に関わりたくないようですが、こんなことがあると見知らぬ他人との関係もいいもんだと思いますね。
by アキラ (2008-01-25 14:43) 

アキラ

浜松自宅カフェさん

見知らぬ人にお金を借りることは、よっぽど勇気が要ることだと思います。
それをやったのですから、余程困っているのかな?と思って貸しました。

誰にでも貸すのではなく、やはり、相手を見ますしね。
by アキラ (2008-01-25 14:45) 

アキラ

たいせいさん

私は本当に「いい人」ですから、 「騙すよりは、騙される方」「疑うよりは、信じる方」です。
しかし、誰にでもお金を貸す訳ではありません。
話し方・人相・服装・身だしなみなどを含めて、人を見て、貸しますね。
by アキラ (2008-01-25 14:48) 

アキラ

choroさん

『人生は紅白の紐を、なうが如し』と言います。
古代中国において、赤はめでたいこと、白は嫌なことを意味しました。
「人生においては、いいことも悪いことも続かない」という、諺です。
次は必ず『いいことが待っている』そう、思います。

孫ですか?目に入れても痛くない・・・解ります?
もうすぐchoroさんにも、コウノトリが運んで来てくれます。
それまで、決して諦めずに、しかも体だけは健康に注意なさってください。
by アキラ (2008-01-25 14:55) 

たろちぅ

いい話ですねー。
私もそっちで困ったら、アキラさんとこかけこもうときめました^ー^
by たろちぅ (2008-01-28 18:44) 

戦う母

寸借詐欺なんて思ったこともなかった・・・
それが、増えつつあるなんて。。。
悲しい世の中です。

我が家の娘たちも、じいじに人見知りしてましたよ。
顔見るだけで泣いてました(^^;
でも、今は夜にじいじと一緒に寝てますよ。同居なので。
寝相がすごいので、じいじは大変そうですが・・・
人見知りは一時なので、アキラさんもきっと大変になりますよ~(^^)
by 戦う母 (2008-01-30 10:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。